catch-img

【用語解説】インサイドセールス/テレマーケティング/テレアポの違いとは?

この記事では、良く混同される「インサイドセールス、テレマーケティング、テレアポ」について、解説します!

目次[非表示]

  1. 1.インサイドセールス
  2. 2.オンラインセールス
  3. 3.テレマーケティング
  4. 4.テレアポ
  5. 5.まとめ

インサイドセールス

一言で表すと「内勤で営業活動を行う職種」です。

電話やメール、テレビ会議を用いて営業活動を行います。商材によって、商談創出までを担う場合や、ヒアリングのみを行う場合、受注まで行う場合等があります。

そのミッションは「営業生産性向上」。つまり、商談当たりの受注数を増加させることなどが、目標となります。

ミッション達成のため、将来の顧客の育成や、フィールドセールス提案後の失注フォロー、顧客向けのPDF資料、Webコンテンツの作成等、業務範囲は多岐に渡ります。

相手を深く理解できる様なコミュニケーションを取り、後工程の営業活動or受注につなげる必要があります。

 インサイドセールスが担う役割や、注目を集めている理由等詳細は、「インサイドセールスとは?」からご覧ください。

オンラインセールス

最近では、受注までを遠隔で行うセールスという役割も出てきました。インサイドセールスと混同されることが多いため、触れておきます。インサイドセールスとフィールドセールスの関係性と同様で、このフィールドセールスの役割を遠隔で行うのが、オンラインセールスです。

テレマーケティング

一言で表すと、「電話を利用した、販売促進活動」です。

製品の認知向上や、セミナー集客、自社広報やPR、自社製品の利用状況調査など活動によって活動のミッション・目的が異なります。

 一般的には、各活動において決まった型があります。例えば、認知向上が目的であれば、アドレスを取得し資料を送付するという型です。また自社製品の利用状況調査であれば、製品に関わるヒアリング項目を設定し、それをヒアリングしていくという型です。

 インサイドセールスが行う活動の様に、生産性向上のために相手に合わせて着地を変えるというよりは、決まった着地があり、キャンペーン的に短期に行う活動という位置づけになります。

テレアポ

一言で表すと、「電話を使って、訪問了承(=アポイント)を取り付けること」です

そのミッションはあくまで「訪問了承(=アポイント)を取り付けること」です。

 一般的には、将来顧客になりそうな相手は追わず、今すぐにアポイントを了承してくれる相手を刈り取っていきます。

まとめ

一概に、何が良いとは言えません。例えば、単発で情報収集がしたい場合は、「テレマーケティング」を実施するのが効率的かもしれません。

 営業活動に閉じると、テクノロジーが発達し、営業とのコミュニケーション以外でも顧客が情報を得られる時代には、「テレアポ」より「インサイドセールス」が求められていくと考えています。​​​​​​​

インサイドセールスについてさらに詳しい情報を得たいご担当者様はこちらからお問い合わせください



CONTACT お問い合わせ

セールスのデジタル化にご興味をお持ちの方は
お気軽にお問い合わせください