catch-img

イノベーター理論とは

イノベーター理論とは


イノベーター理論とは、新しい製品/サービスの市場普及に関する理論のことで、
1962年にアメリカのスタンフォード大学のエベレット・M・ロジャーズ教授によって提唱されました。
「イノベーション普及学」という著書の中で初めて紹介されたことから、別名「普及学」と呼ばれています。

イノベーター理論では、新しい製品/サービスの市場普及の過程を5つのグループに分類しています。


イノベーター理論の5分類


1.イノベーター(革新者)
最初に商品やサービスを購入・採用するグループのことで、市場全体の2.5%の割合を占めます。
商品・サービスの具体的なメリットや価値というよりも、目新しさや先進性・革新性を重視する傾向があります。


2.アーリーアダプター(初期採用者)
イノベーターに次いで、初期に商品やサービスを取り入れるグループのことで、市場全体の13.5%ほどの割合を占めます。
オピニオンリーダーやインフルエンサーとも呼ばれ、世の中に対して強い影響力を持っている層です。
この層への普及が、商品やサービスが市場に普及することの鍵を握っているとも言われています。


3.アーリーマジョリティ(前期追随者)
流行を追いかける層を指し、アーリーアダプターの動向を見て商品やサービスの検討を始めます。
この層は市場全体の34.0%を占めます。
新しい商品やサービスを市場に浸透させる橋渡しをする役割という意味で、「ブリッジピープル」とも呼ばれます。


4.レイトマジョリティ(後期追随者)
新しい商品やサービスを、多くの人が使っているのを見てから採用を始める層です。
市場全体の34.0%を占めます。
懐疑的で、頭が固いと言われる状態が多いです。


5.ラガード(遅滞者)
世の中から遅れている層で、市場全体の16%を占めます。
非常に保守的で流行に疎く、世の中への関心が薄いと言われています。



キャズムについて

キャズムは隔絶や溝を表す単語で、アーリーアダプターとアーリーマジョリティの間にあると言われています。

イノベーターとアーリーアダプターを合わせた市場は初期市場と表されます。
一方、アーリーマジョリティ以下3グループを合わせた市場は、メインストリーム市場と表されます。

ロジャーズ教授は、イノベーターとアーリーアダプターの割合を足した16%のライン、
つまり、初期市場を作ることができるかどうかが商品・サービスの普及のポイントであることを提唱しました。
ここで提唱された論理は「普及率16%の論理」と呼ばれます。

アーリーマジョリティがブリッジピープルと呼ばれているのも、
普及率が16%を超えた辺りで、市場への浸透が本格化してくると言われているからです。

CONTACT お問い合わせ

セールスのデジタル化にご興味をお持ちの方は
お気軽にお問い合わせください