MEMBER

小さなきっかけを大きく育てるのがミッション、
そんなインサイドセールス職に魅力を感じた

2021年3月入社/BtoBマーケティングアカデミー18期生 インサイドセールス Tさん

最初の小さなきっかけを大切にしながら
大きく育てるのがミッション、
そんなインサイドセールス職に魅力を感じました

ユーザー様から頂いた接点を大切に育てていきたいです。

エムエム総研に入社する前はどのようなお仕事をされていましたか?

大学を卒業後、中古車販売店に入社し、中古車の販売・買取の営業を行いました。
対面営業を経験した後、電話やメール、インターネットを使ったオンライン商談で、営業経験を積み、チーム全体を円滑に動かすための営業の補佐業務を行いました。
その後、お客様相談センターに配属となり、店舗のメンバーと協力し、お客様のお困りごとや課題解決に向けての指導を行っていました。
人と関わるお仕事が好きなので、多くの方と深く関わる仕事を好んで経験してきました。

エムエム総研を志望した理由を教えてください

以前の営業職当時、私は営業というものは一気通貫型が当たり前と思いこんでしまっており、今すぐのニーズが無いお客様と継続的にコミュニケーションを取る方法が分からないままで…。
お客様から頂いた貴重な接点、例えるなら小さな芽を、大切に育てることができず、大変申し訳なく思っていました。
そんな疑問を常に感じている中で、今のエムエム総研に出会いました。

・マーケティングとは
・インサイドセールス活動を通してどんな貢献ができるのか
・お客様との関係性を継続し、与えること・得るものの大きさとは

これらを知ったとき、「こんなに画期的な営業方法があったんだ!」と衝撃を受けたことを今でも覚えています。

インサイドセールスは、ユーザーが必要な情報を最適なタイミングで提供し、継続的なコミュニケーションをおこなう職種というもので、当時の私にはとても魅力的に感じました。
また、主に電話やメールでの非対面コミュニケーションをおこなうので、私の得意な電話でのコミュニケーション力を活かすことができ、インサイドセールスの担うミッション「継続的コミュニケーション」のスキルを得られることで自身の成長にも繋がると思い志望しました。

インサイドセールス、マーケティングを通して感じた楽しさを教えてください

お客様と一緒に課題を見つけ、一緒に解決していくプロセスが面白いと思います。
私がBtoBマーケティングアカデミーで学んだことの中で、一気通貫の営業フェーズにインサイドセールスを取り入れることの効果とは?というものがありました。インサイドセールスと営業グループがタッグを組んで協力し合うことで、様々な角度から問題解決のアイデア・糸口を見つけることができ、実行した中からさらに編み出した次の手でどうしたらユーザーに喜んで頂けるか、結果に結び付けられるかのロジックを見つけ出すのが楽しいと感じます。

「次の改善策はこうしよう、現状の結果をより高めるために別の手段をとりいれてみよう」と仮説をたて、実行を繰り返した結果、チームが最初に目指したもの、またそれ以上のものを見つけ出していくのがとにかく楽しみですね。

お客様先勤務前の心境

私自身、まだまだインサイドセールスとして未熟な部分が多いと感じますが、お客様を初めてサポートすることや、より良い結果を出していきたいという気持ちが前に立ち、わくわくと緊張感でいっぱいです。

10か月前にエムエム総研に出会い、そこでBtoBマーケティングという言葉を初めて聞き、そこからはBtoBマーケティングアカデミーでさまざまなカリキュラムを受講し、入社当初の私では想像もできないようなオンラインセールスの可能性を見いだすことができました。
インサイドセールスは、営業DXにおいて注目度が高く、すでに始まっているデジタル化時代の中では当たり前に存在していく職業になっていくのではないかなぁと予想しています。なので、私はプロのインサイドセールスとして、この時代の先駆者となりたいと思っています。
その夢を叶えるために、精一杯の努力を積み重ねていきたいです。

得意なことを教えてください

これまで電話対応のお仕事を多く経験させて頂いていたのもあり、得意と自負しています。
最初に携わる企業様では、電話やメールを中心に、ユーザーと長期的にお付き合いしていくのがミッションになっており、私はその企業様に属する一人のインサイドセールスとして、かつての私ではできなかった、ユーザーとの最初の接点を、小さな芽からいずれ大きな木に育て、コミュニケーションを大切にすることをモットーに努力したいと思っています。

コンテンツを作ることやMAツールを運用する難しさを講座で学びましたので、ゆくゆくはユーザーが必要と思うコンテンツや顧客管理データの活用方法について意見を伝えられるようになりたいと思います。
インサイドセールスの様々な役割の中でも特に私が最も大切にしていきたいのが、
「Tさんに相談すると抱えていた問題が解決する」とユーザーに思っていただくことです。ユーザーからの信頼を獲得し続けることで、そこからサポートする企業様への信頼度アップに繋げたいと思っています。
コミュニケーションの中から生まれる会話のキャッチボールを通して、ユーザーの内側にある疑問や希望を紐解き、信頼されるような対応を心掛けたいです。

エムエム総研のインサイドセールスの魅力を教えてください

エムエム総研のインサイドセールスチームの魅力は、
チームが一丸となり、目標に向かって走っていけるところだと思います。
最初からマーケティングの専門知識を持っている方は少なく、マーケティングを学ぼうと、様々な業種・業界の方々がエムエム総研に集まり、いちから学んでいます。

その中で私も、最初こそはマーケティングの知識は他のメンバーと同じくほとんど知識がゼロでした。
ただ、BtoBマーケティングアカデミーの中で、メンバーそれぞれが一生懸命学びながらひとつひとつ壁を乗り越えてくことで、チームの仲間意識が芽生え、団結力も高まりました。これは、BtoBマーケティングアカデミーという独自の教育機関がエムエム総研にあり、そこに集うマーケターとしての成長意識が高い仲間がいたからこそできたことだと思います。
いつもなら一人で勉強する時に壁にぶつかると落ち込んでしまうのですが、協力できる仲間がいたからこそ「自分も頑張らないと!」と発起できたのかと思います。

エムエム総研にはこのように、インサイドセールスが成長できる環境があります。
自己成長をチームと一緒に喜び合える環境は、エムエム総研の良いところだと思います。

今後のキャリアや目標を聞かせてください

今後の目標としては、私自身がリーダーシップを発揮し、他のインサイドセールスメンバーが仕事を進めやすいようにチームの土台をしっかりと作れる人物になりたいと思っています。所属している部署の仕事を円滑にし、目標に対して自分ができることは何か?各メンバーができることは何か?を意識して行動したいと思っています。

これから顧客先に向かうことになりますが、エムエム総研のインサイドセールスメンバーはもちろん、顧客先の方々とコミュニケーションを取りあい、同じ目標に対し一緒に課題解決に向かって乗り越えていくことになるかと思います。
顧客先の企業や、そこに所属するインサイドセールスメンバーと一丸となって、目標に向かうためには、チームが動きやすいようなコミュニケーションを取ることが必須となるので、しっかりと支えられるような人物になりたいです。

インサイドセールス導入事例集をダウンロード

CONTACT お問い合わせ

セールスのデジタル化にご興味をお持ちの方は
お気軽にお問い合わせください